放射線治療品質管理

出力測定の流れ

HOME > 放射線治療品質管理 > 出力測定の流れ

1

申込書の作成および送付

 出力線量測定申込書に必要事項をご記入頂き、FAX、E-mail、郵送にて申込書をお送り下さい。「一般病院」と「がん診療連携拠点病院」で申込書の書式および送付先が異なりますので、ご注意下さい。(申込書および記入要領はこちら、申込書送付先はこちら

2

事前打ち合わせおよび問い合わせ

 申込書の到着後、国立がん研究センター、または当財団線量校正センターの担当者より、品質管理担当者様へご連絡致します。

3

測定スケジュールに関する打ち合わせ

 事前打ち合わせ後、当財団線量校正センターより品質管理担当者様へご連絡し、測定スケジュール(測定セットの送付日など)に関する打ち合わせを行います。出力線量測定の標準工程は、以下の通りです。

出力線量測定の標準工程

申込書に記載された測定セット送付希望日をもとに、発送日(原則として月曜日)を調整させて頂きます。

発送日の1週間前から基準照射等の前準備を行います。

発送日から約4週間で測定結果報告書をお届けします。


 

1週目

 

前準備

 

 

2週目

発送

治療施設対応期間

 

 

3週目

治療施設対応期間

返送
期限

 

 

4週目

受入、測定、報告書作成

 

 

5週目

確認、報告書発送

この期間で報告書到着

 

 

 
財団の作業  
 
治療施設の作業

4

出力線量測定セットの送付

当財団線量校正センターより、出力線量測定セットを送付します。運送状態により送付日が遅れる場合がありますので、照射日を予め決定される場合は、この点を考慮して頂けますよう、お願い致します。出力線量測定セットで送付する機材等は、以下の通りです。


測定ピース(ユーザー照射用・計4個)

測定ピース(リファレンス・1個)

固体ファントム(計4枚)

治療施設における照射手順書

照射データ記入シート

宅急便伝票

出力線量測定セット


 測定セット内にはガラス線量計が同梱されているため、測定セットは照射室内に保管しないで下さい。また、湿気が少ない場所に保管して下さい。

5

出力線量測定セットの内容確認

 出力線量測定セットの到着後、測定セットに同梱された「測定セットの内容確認シート」をもとに内容確認を行って下さい。チェックを入れた「測定セットの内容確認シート」は、測定セット返送時に同梱してお送り下さい。(送付物に関するお問い合わせ先はこちら

6

照射およびデータ記入シートの記入

 出力測定セットの内容確認後、ガラス線量計が封入された測定ピースへ照射を行って下さい。照射を行う際は、測定セットに同梱された「治療施設における照射手順書」に従い照射して下さい。(照射方法はこちら
照射に関する内容は、測定セットに同梱された「照射データ記入シート」へご記入下さい。記入されたデータはデータ処理に使用するため、間違いがないように記入して下さい。(記入方法はこちら

7

測定セットの返送

 照射完了後、出力線量測定セットを当センター宛に返送して下さい。返送時に使用する伝票は、出力線量測定セットに同梱された「着払い伝票(クロネコヤマト)」をご使用下さい。

8

ガラス線量計の読取および報告書作成

 測定セットの返送後、測定ピースに封入したガラス線量計を取り出し、出力を読み取ります。(詳細はこちら)この際、照射データ記入シートの内容や照射状況について、品質管理担当者様へ問い合わせる場合があります。あらかじめご了承下さい。報告書はトリプルチェック後に発行となります。

9

結果報告書・請求書等の発送
 

 結果報告書を発送致します。発送先は、「一般病院」の場合は施設宛、「がん診療連携拠点病院」の場合は国立がん研究センターがん対策情報センター宛に送付します。請求書等は報告書発送の1週間後に発送致します。

↑ページTOPに戻る