放射線治療品質管理

出力線量測定の申込(申込方法)

HOME > 放射線治療品質管理 > 出力線量測定の申込(申込方法)

治療用出力線量測定の申込(申込方法)

出力線量測定の申し込み方法は、以下に従って行って下さい。申し込みの際は、必ず治療用照射装置の出力測定受諾要鋼をご確認のうえ、お申し込み下さい。

1

申込書の作成

「治療用照射装置(X線)の出力線量測定 申込書」へ必要事項をご記入下さい。「一般病院」と「がん診療連携拠点病院」で、申込書の書式や申込書の連絡先等異なりますので、ご注意下さい。本申込書の内容は、測定セットの送付やお問い合わせ、報告書の作成に使用するため、以下の手順に従って正確にご記入下さい。申込書のダウンロードはこちら

1. 「施設情報」の記入について

申込日

申込日をご記入下さい。

施設名

測定を実施する施設名(病院名)を正確にご記入下さい。

所在地

施設の所在地をご記入下さい。測定セットの発送時に使用致します。

施設長

役職名および氏名をご記入下さい。ご捺印をお願い致します。

放射線治療責任者

所属および氏名をご記入下さい。ご捺印をお願い致します。

品質管理担当者

測定内容等がわかる方の所属、氏名、連絡先をご記入下さい。


「水色」の部分は、入力後に塗りつぶしが解除されます(未入力の部分が水色で表示されます)。Excel入力時の補助機能となります。

申込書の欄外に、メッセージが表示されます。通常は入力補助の「案内」が出た状態となっています。入力に誤りがある場合は、「注意」と表示されます。「注意」と表示された場合、その項目の選択内容または入力内容を再度ご確認下さい。

申し込みファイル(Excel)は、マクロ機能を使用しておりません。数式および関数のみを使用しております。



2. 「測定内容」の記入について

2-1 測定項目

測定項目は、「校正条件(必須)」、「照射野条件」、「ウェッジ条件」となります。校正条件は、各照射装置のそれぞれのエネルギーで必須の測定項目となります。本測定では、1測定セットあたり4条件の測定が可能です。校正条件以外はユーザーによる選択となります。また、セット数を増やして、測定項目を増やす事も可能です。

[リニアック測定項目]

項目

校正条件

照射野条件

ウェッジ条件

深さ

水10 cm深

線量

1.0 Gy

SAD

100 cm

照射野(Jaw)[cm2]

10 x 10

5 x 5 , 15 x 15
20 x 20, 25 x 25

10 x 10

ウェッジフィルタ
(Physicalまたは Soft)

なし

15°, 30°
45°, 60°

フラットニングフィルタ

FF または FFF

FF


[TomoTherapyおよびCyberKnifeの測定項目]

項目

設定

TomoTherapy

CyberKnife

深さ

水10 cm深

照射する線量

1.0 Gy

SSD / SAD

SSD = 85 cm

SAD = 80 cm

照射野

10 x 5 cm2

直径60 mm

その他

ガントリ0°(固定)

※タフウォータから水への変換は財団側で行います。

2-2 ガラス線量計の割り当て
本測定システムでは、20本のガラス線量計を1セットとして使用します(ガラスの読み取りが最大20本のため)。この20本のうち、既知の線量を照射したガラス線量計(リファレンス線量計)を6本用意します。このリファレンス線量計が測定の基準となります。そして、自然界からの被ばく、運送時の被ばく(X線検査など)などの影響を考慮するため、バックグラウンド線量計を2本準備します。残りの12本(20本-6本-2本)が測定に使用出来るガラス線量計となります。1条件あたりガラス線量計を3本使用する事から、1セットあたりの最大測定条件数は4条件となります。

2-3 「測定内容」の記入方法

照射装置
(加速器)(1)

照射装置(1台目)の名称および製造業者をご記入下さい。

Energy

測定対象のエネルギーをご記入下さい。Excelシートをご使用の場合、Energyの入力後、校正条件が自動で選択されます。

選択項目

ご希望の測定条件数に従って、選択項目より測定条件をお選び下さい。4条件で1セットとなります。Excelシートをご使用の場合、条件数およびセット数は、自動で計算されます。
[注意]4条件に満たない場合でも1セットとなります。
選択項目については、「測定条件の選択例」をご参照下さい。

照射装置
(加速器)(2)

照射装置(2台目)がある場合は、名称および製造業者をご記入下さい。



【測定条件の選択例】
測定条件を選択するうえで、校正条件は、各照射装置のそれぞれのエネルギーで必須の測定項目となります。以下に、様々なケースの選択例を示します。

【Case1】1照射装置(エネルギー数:1)の場合


ここでは、1照射装置(1エネルギー)の選択例を示します。4条件のうち、校正条件は必須の測定項目となります。校正条件以外の3条件については、5×5cm2、20×20cm2、ウェッジ30°を測定項目より選択しました。この場合、測定料金は下記の通りとなります。
測定料金:92,300円 (技術料:86,400円×1セット + 送料:5,900円)

ここでは、同条件で測定条件を増やした場合の選択例を示します。条件数は全部で8条件となります。4条件で1セットとなる事から、全部で2セット使用する事となります。
測定料金:178,700円 (技術料:86,400円×2セット + 送料:5,900円)


【Case2】1照射装置(エネルギー数:2)の場合

ここでは、1照射装置(2エネルギー)の選択例を示します。4条件のうち、それぞれのエネルギーで、校正条件は必須の測定項目となります。校正条件以外の2条件については、6MVで20x20cm2、10MVでウェッジ30°を測定項目より選択しました。この場合、測定料金は下記の通りとなります。
測定料金92,300円 (技術料:86,400円×1セット + 送料:5,900円)

ここでは、同条件で測定条件を増やした場合の選択例を示します。条件数は全部で8条件となります。4条件で1セットとなる事から、全部で2セット使用する事となります。
測定料金:178,700円 (技術料:86,400円×2セット + 送料:5,900円)


【Case3】1照射装置(エネルギー数:3)の場合


ここでは、1照射装置(3エネルギー)、セット数を1セット(4条件の選択が可能)とした場合での選択例を示します。それぞれのエネルギーで、校正条件は必須の選択項目となります。校正条件以外の1条件については、上記表の通り測定項目を選択しました。この場合、測定料金は下記の通りとなります。
測定料金:92,300円 (技術料:86,400円×1セット + 送料:5,900円)

ここでは、1照射装置(3エネルギー)、セット数を2セット(8条件の選択が可能)とした場合での選択例を示します。それぞれのエネルギーで、校正条件は必須の選択項目となります。校正条件以外の5条件については、上記表の通り測定項目を選択しました。この場合での測定料金は下記の通りとなります。
測定料金:178,700円 (技術料:86,400円×2セット + 送料:5,900円)

【Case4】2照射装置(エネルギー数:4[2装置×2エネルギー])の場合

ここでは、2照射装置(4エネルギー)、セット数を2セット(8条件の選択が可能)とした場合での選択例を示します。それぞれのエネルギーで、校正条件は必須の選択項目となります。校正条件以外の4条件については、上記表の通り測定項目を選択しました。この場合、測定料金は下記の通りとなります。
測定料金: 178,700円 (技術料:86,400円×2セット + 送料:5,900円)

3. 「その他(測定セット送付先,請求書送付先)」の記入について

測定セット送付先

測定セットの送付先をお選び下さい。

その他

測定セット送付先で"その他"をお選びになった場合のみ、
送付先をご記入下さい。

請求書送付先

請求書の送付先をお選び下さい。

その他

請求書の送付先で"その他"をお選びになった場合のみ、
送付先をご記入下さい。

請求書の書式

請求書の書式をお選び下さい。

請求書の宛名

請求書へ記載される宛名をお選び下さい。ご指定がある場合は"その他"を選択し、宛名をご記入下さい。指定されない場合は、病院名が記載されます。

連絡欄

連絡事項等をご記入下さい。

2

申込書の送付

作成した申込書を、Fax、E-mail、郵送のいずれかにてお送り下さい。「一般病院」と「がん診療連携拠点病院」で申込書の送付先が異なりますので、ご注意下さい。また、送付後に記載内容の変更が生じた場合は、下記の連絡先へご連絡下さい。申込書送付の際は、申込書のコピーを控えとして各自保管して下さい。

申込書の送付先、連絡先

一般病院

(公財)医用原子力技術研究振興財団 線量校正センター
〒263-0041 千葉県千葉市稲毛区黒砂台3-9-19 
■電話: 043-309-4330 
■FAX : 043-309-4331 
■E-mail:info-kosei@antm.or.jp

がん診療連携拠点病院

国立がん研究センターがん対策情報センター
がん医療支援研究部 放射線治療品質管理推進室
〒104-0045 東京都中央区築地5-1-1 
■FAX: 03-3547-5013 
■E-mail:qcsupport@ml.res.ncc.go.jp

3

事前の打ち合わせ

申込書の到着後、国立がん研究センター、または当財団線量校正センターより品質管理担当者様へご連絡致します。事前打ち合わせ後に、当財団線量校正センターより測定スケジュール(測定セットの送付日など)に関する打ち合わせのご連絡を差し上げます。

↑ページTOPに戻る