放射線治療品質管理

データ記入シートへの記入方法

HOME > 放射線治療品質管理 > データ記入シートへの記入方法

※MU値の計算は治療計画装置によって行ってください(TomoTherapyおよび電子線を除く)。各治療計画装置におけるMU計算の手順書を作成中です。治療計画装置の使用方法についてはメーカーにお問い合わせください。
 なお、治療計画装置によるMU計算が困難な場合は手計算用のデータ記入シート(旧様式)をダウンロードして使用してください。

  

 照射データ記入シートの内容は、測定結果の算出に使用するため正確に記入して下さい。照射装置1台につき1枚、4条件につき1枚の作成をお願い致します。なお、FF条件、FFF条件、TomoTherapy条件、CyberKnife条件、電子線条件でそれぞれ別シートとなります。

 照射データ記入シートは測定セットに同梱いたしますが、下記より電子ファイルをダウンロードいただくこともできます。電子ファイルを使用される場合は、線量校正センターにE-mailで送付するか、印刷して測定セットと一緒に返送してください。

照射データ記入シート
リニアック
通常(FF)ビーム用 [ ][ ]
FFFビーム用 [ ][ ]
TomoTherapy用 [ ][ ]
CyberKnife用 [ ][ ]
電子線用 [ ][ ]
手計算用(旧様式)
リニアック
通常(FF)ビーム用 [ ][ ]
FFFビーム用 [ ][ ]
TomoTherapy用 [ ][ ]
CyberKnife用 [ ][ ]

  

各シートの記入方法

1.リニアック用(FF, FFF)
2.TomoTherapy用
3.CyberKnife用
4.電子線用
5.お問い合わせ(E-mail提出先)

  

1. リニアック用(FF, FFFビーム)データ記入シートの記入方法

基本情報


担当者(対応者)は照射に携わった方をご記入ください。内容についてお問い合わせする場合があります。

  

モニター線量計の校正

リファレンス線量計
モニター線量計の校正に使用している線量計について記入してください。
電位計校正日、kelecは分離校正を受けている場合のみ記入してください。
線量計測プロトコル
線量評価に使用しているプロトコルを記入してください。
ファントムの種類
モニター線量計の校正に使用しているファントムを記入してください。
MU校正の結果
出力線量測定を行うビームについて、校正時に使用したTPR20,10、TMRの値、および測定された基準深のDMUを記入してください。

  

治療計画装置


MU計算に用いた治療計画装置、計算アルゴリズム、バージョンを記入してください。
※照射条件と計算MUが確認できる治療計画レポートを添付してください。
※治療計画装置に登録されている、「絶対線量計算の基準となる線量とMUの関係」が確認できる画面の写しを添付してください。

  

照射記録

ピース記号
使用した測定ピースの「記号-番号」を記入してください。
FFF条件の測定には「SP」記号のピースを使用してください。
照射野サイズ
「10×10」等、正方形照射野のサイズがわかるように記入してください。
ウェッジ
ソフトウェッジを使用した場合にはチェックをつけてください。
計算MU
治療計画装置で計算されたMUを小数第1位まで記入してください。
照射MU
実際に照射したMUを記入してください。

  

2. TomoTherapy用データ記入シートの記入方法

基本情報


担当者(対応者)は照射に携わった方をご記入ください。内容についてお問い合わせする場合があります。

  

基準条件測定

電位計・電離箱
基準条件測定に使用している線量計について記入してください。
電位計校正日、kelecは分離校正を受けている場合のみ記入してください。
ファントムの種類
基準条件測定に使用しているファントムを記入してください。
測定結果
測定に使用したHTTPR20,10、PDD(d=10cm)、および測定された基準深線量率を記入してください。

  

照射記録

ピース記号
使用したSP記号ピースの「番号」を記入してください。
照射時間 [sec]
照射した時間[秒]を記入してください。
照射線量 [cGy]
照射した線量を小数第1位まで記入してください。

  

3. CyberKnife用データ記入シートの記入方法

基本情報


担当者(対応者)は照射に携わった方をご記入ください。内容についてお問い合わせする場合があります。

  

基準条件測定

電位計・電離箱
基準条件測定に使用している線量計について記入してください。
電位計校正日、kelecは分離校正を受けている場合のみ記入してください。
ファントムの種類
基準条件測定に使用しているファントムを記入してください。
測定結果
測定に使用したCKTPR20,10、TMR(d=10cm)、および測定された基準深のDMUを記入してください。

  

治療計画装置


MU計算に用いた治療計画装置、計算アルゴリズム、バージョンを記入してください。
※照射条件と計算MUが確認できる治療計画レポートを添付してください。
※治療計画装置に登録されている、「絶対線量計算の基準となる線量とMUの関係」が確認できる画面の写しを添付してください。

  

照射記録

ピース記号
使用した測定ピースの「記号-番号」を記入してください。
計算MU
治療計画装置で計算されたMUを小数第1位まで記入してください。
照射MU
実際に照射したMUを記入してください。

  

4.電子線用データ記入シートの記入方法

基本情報


担当者(対応者)は照射に携わった方をご記入ください。内容についてお問い合わせする場合があります。

  

リファレンス線量計
モニター線量計の校正に使用している線量計について記入してください。
電位計校正日、kelecは分離校正を受けている場合のみ記入してください。
線量計算プロトコル
線量評価に使用しているプロトコルを記入してください。
ファントムの種類
モニター線量計の校正に使用しているファントムを記入してください。
MU校正の結果
出力線量測定を行うビームについて、校正時に使用したR50, dc[cm]、PDD(dc)の値、および測定された基準深のDMUを記入してください。

  

治療計画装置

  

照射記録

ピース記号
使用した測定ピースの「記号-番号」を記入してください。
計算MU
計算されたMUを小数第1位まで記入してください。
照射MU
実際に照射したMUを記入してください。

  

5.お問い合わせ(E-mail提出先)

照射データ記入シートに関するお問い合わせ、および電子ファイルの提出は下記連絡先までお願いいたします。

(公財)医用原子力技術研究振興財団 線量校正センター
TEL:043-309-4330
FAX:043-309-4331
E-mail:info-kosei@antm.or.jp

↑ページTOPに戻る