本『切らずに治す粒子線治療』のコンテンツは国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所より
公益財団法人 医用原子力技術研究振興財団に管理・運営が委任されています。
これらの著作権は国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所に帰属しています。

切らずに治す粒子線治療

がんの治療法

HOME > 切らずに治す粒子線治療 > がんの治療法

 がんの代表的な治療法は外科療法、放射線療法、化学療法の大きく三つに分けられます。外科療法と放射線療法は局所療法であり、化学療法は全身療法です。それぞれの特徴は次の通りです。

■外科療法

がん病巣を切り取って、根本的に治そうとする治療法です。現在もがん治療の中心となっています。

■化学療法

抗がん剤でがん細胞の増殖を抑え、死滅させる治療法です。抗がん剤は注射や経口で血液中に入り、全身に運ばれて、がん細胞を攻撃します。

■放射線治療

がん細胞に放射線を当てて、がん細胞のDNAを損傷させて、がん細胞の増殖を抑えたり、殺傷したりします。


これらの治療法の適応、長所および短所をまとめると次のようになります。

  外科療法 化学療法 放射線治療
適 応
早期がんから中程度進行(0~Ⅱ期)がんまで
病変が局所に限局
主として遠隔性転移のあるがん及び白血病
病変が全身に進展
早期(Ⅰ期)がんから手術不能の局所進行(Ⅲ期)がんまで
病変が局所に限局
長 所
根治性が高いとされている
病状の進行が抑えられたり、延命効果があることもある
機能と形態の欠損が少ない
全身への影響が少ない
早期がんの治療成績は外科療法と同等
短 所
機能の欠損が大きい
部位、患者の条件(年齢、合併症など)により適応に制限がある
全身への影響が大きい(副作用が強い)
根治性が低い
粒子線治療費は他の治療法に比べて高い

 


(注)

重粒子線とは、電子より重い粒子のビームの総称で、陽子線を含んで使用されていたこともありましたが、このホームページでは炭素イオン線を指します。また、陽子線および炭素イオン線を包含する場合は粒子線と称しています。



放射線治療

 代表的ながんの治療法の中から、手術をしないため機能障害の少ない放射線治療について、もう少し詳しく説明します。

■治療に使われる放射線の種類

 現在、がんの治療用として主に使われている放射線は、エックス線、ガンマ線などの光子線(電磁波)、電子線および陽子線、炭素イオン線、中性子線などの重粒子線があります。

 エックス線は主にライナックという装置から発生します。エックス線は身体を通過しますので、大きいエネルギーのエックス線は脳、肺、骨など深い部分の治療に使われ、小さいエネルギーのエックス線は首、咽喉や乳房の治療に使われます。

ガンマ線はコバルト60という放射性同位元素から出る放射線で、小さいエネルギーのエックス線と同じように使われています。

電子線は電子の粒の流れです。電子線はからだの中で、ある一定の深さより奥には入らない性質をもっていますので、皮膚などのからだの浅い部分を治療によく使われます。

  治療に使われている放射線を分類すると次のようになります。

医療に使われている放射線の分類

■放射線の照射方法

放射線の照射方法は大きく次の2種類に分けられます。

(1) 外部照射治療
 

体の外から体内の病巣部に放射線を当てる方法です。コバルト60から発生するガンマ線や直線加速器(ライナック)を用いたエックス線や電子線を照射します。
  近年、画像診断法の進歩により、がんの形状やがんの広がりが詳細にわかるようになり、さらにコンピュータの発達によるハイテク放射線治療機器が開発され、がんの形状と広がりに合わせた、精密で安全、かつ後遺症の少ない放射線治療ができるようになりました。


(2) 小線源治療
 

病巣の中や近くにピン状、ワイヤー状やシード状(カプセル状)などの放射性物質(ラジウム、コバルト、セシウム、イリジウム、ヨードなど)を入れて、体の中から放射線を当てる方法です。


■外部照射治療
 
■舌がんの小線源治療

■主な治療対象症例

 脳腫瘍、扁平上皮がん(皮膚、食道、肺、子宮頸)、腺がん(乳房、前立腺、肺、膵臓、胃)、膀胱がん、骨肉腫、悪性黒色腫など

■放射線治療の副作用

 強い放射線を短時間で照射することによりがん細胞にダメージを与えますが、周囲の正常な細胞へも害を及ぼします。 したがって、副作用の危険が、がん細胞を殺す利益よりは少ないと考えられる場合に治療が行われます。

 放射線治療の副作用の多くは、治療中に放射線があたる部位に現れます。例えば、放射線が当たった所の皮膚が赤くなったり、ヒリヒリしたりします。また、放射線の副作用には、このように治療中におこる副作用の他に、治療が終了して数ヵ月から数十年後に起こってくる副作用もあります。

↑ページTOPに戻る