中性子捕捉療法(BNCT)

1.ほう素中性子捕捉療法の原理

HOME > 中性子捕捉療法(BNCT) > 1.ほう素中性子捕捉療法の原理


BNCTは、腫瘍細胞に取り込まれたほう素10Bと中性子との核反応により発生する強力な粒子線(アルファ線、7Li粒子)によって治療を行います(図1)。用いられる中性子はほう素10Bとの反応が大きな熱中性子をはじめとする低エネルギーの中性子です。

図1

ホウ素化合物をあらかじめ投与しておき、腫瘍にホウ素が集まったときに熱中性子線を照射すると、ほう素化合物をほとんど取り込まない正常細胞はあまり大きなダメージを受けませんが、ホウ素をたくさん取り込んだ腫瘍細胞では細胞内部でホウ素と熱中性子の核反応が生じ、核反応により発生したアルファ線と7Li粒子が腫瘍細胞のみを殺します。大きな利点は、アルファ線も7Li粒子もおよそ10ミクロンしか飛ばないため、正常細胞を傷つけることなく腫瘍細胞のみが選択的に治療できることです。

↑ページTOPに戻る